今日から始める「プロペシア」で抜け毛予防対策 | プロペシ男

悩んで手遅れになる前に抜け毛予防をしましょう。

そのままにしていると、毛根がどんどん元気がなくなります。

鏡で毎日見ていると部分的に髪のボリュームが減ったり、地肌が見えやすくなってきたことに気づく人も多いです。

このときに早めに抜け毛に対する対応を行えば、進行を抑えたり元のボリュームに戻せる期待が持てます。

抜け毛が酷くなると周りの人も自分の薄毛を気にして見ているのではないかという思いが強くなってきます。

すると普段の生活の中で落ち込んだり、外出するのが苦痛になってしまう人もいるため、早く予防方法を取り入れましょう。

抜け毛用として効果が期待できるのはプロペシアを服用することです。

男性型脱毛症であるAGA治療薬として認可され、医師の診断を受けて処方箋をもらい調剤薬局からなど購入ができます。

前立腺肥大などの薬としても用いられており、有効成分がAGAになる原因物質のDHTが5α還元酵素と結びつきテストステロンになってしまうことを防ぎます。

テストステロンが多くなってしまうと成長期が短くなり、退行期や休止期にすぐに移行してしまうため、毛が細くなったり抜けて薄くなってしまいます。

プロペシアは、男性ホルモン5α還元酵素の阻害薬として体内で活躍し、毛髪が正しいサイクルになって毛が十分に成長するようになっていきます。

プロペシアを正しく使い抜け毛対策

薄毛や抜け毛は年齢を重ねてから起きる印象がこれまで強かったため、若年者は薬に頼らず食事の改善や頭皮のケアで対応を行おうとする人が多いです。

しかし、原因は男性ホルモンにあるため食事の改善や頭皮のケアだけでは期待できる予防の効果は薄く、進行を防げない場合があります。

AGAは50歳くらいまでの男性ホルモンが活発な時期の病気ともいえますから、年齢を重ねてから使ったのでは対応が遅く手遅れになる可能性があります。

抜け毛の量が増えたと思ったら、すぐにAGA外来などで診断を受けて早期のプロペシア服用開始が、予防の十分な効果発揮に期待が持てます。

病院で診断を受けるべきなのは、AGAではない別のことが原因で抜け毛が増える人もいるためで、男性ホルモンの5α還元酵素が活発な働きをしていないのに服用しても意味がありません。

このため、専門医師の判断が必要となります。正しい用量を飲み続けることが大切で、変化が実感できるのに1年から3年ほどかかるのは普通です。

1か月程度で効果が出ていないと止めてしまう人もいますが、短い期間では有効成分が十分に効果をだせないので、医師から飲み続けるようにいわれている間は続けていくことが肝心です。